鉄道三昧、と言うか近鉄三昧に近い一日でした。
結構鉄道好きの私ですので、嬉しい一日でした。
ただ、かなり寒い一日でしたので、寒さに震えて電車を眺めました。
次からは簡易カイロを持参のうえ、使って暖を取ろうと思います。

近鉄は午後から大阪線で停電になり、「しまかぜ」を含めた伊勢志摩方面を往復する特急の多くが運休となりました。


本日のウオーキング歩数、約10,000歩。(万歩計が見当たらず(T_T))



2017年1月21日(土)



近鉄西大寺駅に到着。
早速、電車ウオッチ開始。
近鉄特急・新型ビスターカーがやってきました。



旧型と新型の特急が、そろい踏み。



22600系特急がやってきました。



阪神電車の車両も、近鉄に乗り入れているようです。



ホーム南端の信号機。
普段こうしてじっくり見ることは、全くありません。






23000系。
伊勢志摩ライナーの赤色バージョンです。



同じく23000系。
伊勢志摩ライナーの黄色バージョンです。



「ISE-SHIMA  LINER」の文字がカッコいい!



「しまかぜ」が通過。
京都からの回送列車です。



西大寺駅をあとにして、鶴橋駅に到着。



伊勢志摩ライナーが。
西大寺駅で観た伊勢志摩ライナーは、京都と伊勢志摩を結ぶもの。
鶴橋に停車したこの電車は、ほぼ間違いなく伊勢志摩と大阪の難波を結ぶもの。



鶴橋駅のホームから、保線の仕事をする人が線路に降りていきました。
作業員の姿を見て、かつての三池闘争で第一組合員が「爺さんの代から労働者。失うものは何もない。」との言葉を胸に、厳しい闘いを続けていたことを知って感動したことを思い出しました。
働く者が胸を張り誇りと生きがいを持って過ごせる世の中になることこそ、最も大事なこと。
作業、お気をつけて!



ずっと「伊勢志摩ライナーの白い車体版」と思っていた列車。
伊勢志摩には行かずに名古屋と大阪を結ぶ列車で、名前はアーバンライナーだと知りました。
ひとつ賢くなったぞ!(^^;



近鉄鶴橋駅から、JR環状線の鶴橋駅に移動。
JR鶴橋駅で、JRの新型らしき車両を眺めます。



ホームに見慣れない鉄柱があったので、何があるのかと鉄柱の反対側(線路側)に回ってみるとスイッチらしきものが設置されていました。
スイッチには「乗車案内ベル」と書かれていました。
これって一体何だろう?



少し観察していると、スイッチが何であるかはすぐにわかりました。
名前通り、「乗車案内ベル」でした。
電車が到着し、車掌さんが電車から降りて発車時刻を確認しながら柱に近づき・・・・。



スイッチオン!
とたんに「山の人気者」のメロディが、軽快に流れます。
そう。
大阪のJR環状線の乗車案内ベル(発車ベル)は、発車する電車の車掌さんがホームのスイッチを押して鳴らすのです。
全く知りませんでした。
それにしても、なぜ「山の人気者」のメロディかな?との疑問が。
しかし、すぐに分かりました。
「山の人気者」とメロディは同じですが、そうではなく「焼肉 焼肉 食べ放題〜 ♪」の「ヨーデル食べ放題」の歌のメロディなんだと。
そしてそれは、ここ鶴橋が焼肉で超有名な場所ゆえのことだと。



JR鶴橋駅で電車ウオッチの後、JR天満駅へ。
駅から出て、昼食場所のラーメン店へ到着。
サバ醤油を使ったラーメンが有名な店ですが、開店してしてから日が浅いためなのか あまり行列は長くありません。



サバ醤油そば。
自家製面で、手打ちうどんのような腰がある太麺。
当然ながら、サバ醤油で味付けしたスープは絶品。
久々においしいラーメンを食しました。



単品ではもったいないので、半チャーハンがついたセットを注文。
支払額900円のお得セットです。



夕刻になり、西大寺駅まで戻ってきました。
再び、信号機を眺めます。
さて、そろそろ帰る時刻。





強烈な寒波が日本列島を覆っています。
各地で大雪による交通の乱れが発生していますが、近畿地方中部は積雪もなく交通の乱れもありません。
ただ、停電による近鉄の運休を目の当たりにし、常に不測の事態を想定して持ち物にも気を付けないといけないなと思いました。





ホームに戻る
















inserted by FC2 system