今日は、京都府南部の隠れた紅葉の名所である「伏見桃山城キャッスルランド」跡へ行ってみました。
あいにくの曇天でしたが、人影もまばらで盛りの紅葉を楽しめました。



2016年11月24日(木



キャッスルランド跡地へ到着。
だれもいません。
遊園地が閉園してからは、市民向けの運動公園になっています。
城跡内へは入れませんが、園内はフリーです。



ここ伏見桃山城は、キャッスルランド遊園地の目玉建造物でした。
つまり、本物の城ではありません。
伏見城は3度にわたって築城されましたが、最近、初代伏見城(指月城)の石垣や瓦片がマンション建設に伴って出土して話題になっています。



京都一周トレイルコースは、既に全コースを踏破しました。
しかし、京北町が合併により京都市域となり、更には既存のコースに加えいくつかのコースが増えたようです。
東山コースの以前の起点は伏見稲荷大社内だったので、今は運動公園内のこの辺りが起点のようです。
しかも、深草トレイルが新設されたようです。
西山コースも新たにできたようなので、再度全線を歩いてみようと思います。



天気さえよかったら最高の輝きを見せてくれるであろう紅葉が目に飛び込んできました。
あいにくの曇り空なのが残念至極。



紅葉と城は、とってもいい組み合わせだと感じます。



こんなものがありました。
石垣の石かなとも思いましたが、それにしては形と大きさが違うような気がします。
それに、石に何か文字が刻んであります。



「第十六師団司令部」の文字が。
戦争遺跡のひとつのようです。



既に盛りが過ぎてしまった紅葉ですが、落ち葉だけでなくまだまだきれいな紅葉も残っています。






美しいグラデーションが何とも言えません。



高さが人の2倍以上はあります。



さて帰路に。
門には豊臣の紋である桐が再現されていました。






紅葉時期の伏見桃山状キャッスルランド跡。
結構素敵でした。




ホームに戻る
















inserted by FC2 system