今日は10月21日。
10月21日と言えば、いまだに「国際反戦デー」を連想してしまいます。
で、そんな今日10月21日から、長女の子ども達が通う保育園の運動会の応援に、東京へ出かけました。



2016年10月21日(金)



妻も私も、それぞれの職場で休暇が取れたので、朝から出発。
まずは、用事がある西武百貨店の池袋本店へ。
用事を済ませ、屋上庭園を散策。



夜はとっても素敵な雰囲気になるようですが、昼間は普通の風情。



西武百貨店で昼食を済ませ、次は東京都庁に。
一度来てみたかったのです・



今年3月末で、雇用期間満了により、フルタイムの勤務を退職。
そして、フルタイム勤務に代わりパートとして4月から6月中旬まで、マンション管理人の仕事に就いていました。
低賃金で激務という、まさに日本の雇用環境を絵にかいたような職場でしたが、一人職場だったので誰にも干渉されない昼の1時間の休憩がただひとつの気休め。
弁当を食べながら、ケータイのワンセグで観る舛添の悪事の数々を追求する昼のワイドpショー「ひるおび」がことのほか楽しみでした。
その舛添の悪事の拠点だった東京都庁に足を踏み入れます。



都庁に入るにあたり、持ち物検査を受けました。
ある意味仕方ないのかもしれませんが、その発案者が石原や舛添だったとしたらとっても嫌。
「都庁に知事がいないことが普通」という実績(?)を作り上げたのは石原で、舛添も私腹を肥やす傍ら石原と同じように都庁を空けることを普通としていました。
公用車を使って週末ごとの湯河原通いなんて、政治家以前に人間としてダメな輩です。
それはいいとして。
公開されている地上202メートルの展望室に到着。
素晴らしい風景が眼下に広がります。



展望室を後にして、第一本庁舎32回の職員食堂へ。
展望室より若干標高は低いものの、展望は良好、



ソフトドリンクをいただきながら、ほっと一息。
今日の行動はここまで。
夕刻には長女と合流するので、それそれ都庁を撤収。




子育ても終わり、実母の介護の必要もなくなり、いつでも夫婦で旅行に行けるはずだったのですが。
でも、それぞれが仕事をしているので休みが合わず、なかなか出かけられません。
でも、孫たちの行事でこうして出かける時には、お互いに日程をやりくりして何とか出かけられます。
それも楽しみの一つとなっています。




ホームに戻る
















inserted by FC2 system