6日前に訪れた五山の送り火の「妙」の火床に再び訪れました。
勤務後のトレーニングウォークとして位置づけ、汗を流しました。


本日のウオーキング歩数、約2,0000歩(万歩計を持参せず)。


2016年4月22日(金)




地下鉄の松ヶ崎駅で下車し、地上へ。
北山通りのひとつ北の府道103号線へ。
府道103号線は上賀茂山端線と呼ばれ、昔懐かしい雰囲気が残る風景を見ることができ、歩いていると何だか心休まる気がしてくる道路です。



前回と同じく、湧泉寺前を通る近道は「墓参者以外は進入禁止」と書かれているのでパス。
交通量の多い自動車道路を時間をかけて横断し、松ヶ崎西山(万灯篭山)の火床へ。



「妙の山の火床。
6日前にも訪れました。



火床の最高部近くへ。
ここに来るまでに、実に多くのワラビを見ました。
ワラビ採りの年配の方がおられたので「雨の後なのでたくさんのワラビが出ていますね。」と声をかけると、「朝から大勢の人が採りに来ていたからほとんどなくなっていたので、これは全て昼から出たものです。」と教えてもらいました。
朝からほとんど採り尽されたのに、午後からまた大量に芽が出ているワラビ。
その生命力に驚かされます。



遠くに大文字山が見えています。



大文字山をズーム。



異常に背の高い火床があります。
そうですねえ・・・・。
高さは3メートル以上はありそう。
点火するには間違いなく脚立が必要。



こうして見ると、背の高いわけが一目瞭然。
谷筋にある火床なので、他の火床と高さを揃えようとすると必然的にこのような高さになるのです。



6日前に来た時にもそうでしたが、この日も暑くて汗だく。
しかも水筒のお茶が空っぽ。
そろそろ下山して水分補給しないと。



宝ヶ池公園運動施設が良く見えています。
テニスコートです。



汗だくで下山し、格安販売機を発見!
よく冷えた爽健美茶が50円でしたので、早速購入。
「おいしい!おいしい!」とゴクゴク飲んだ後ボトルを見ると、何と賞味期限が切れる3日前のお茶でした。
賞味期限ぎりぎりのお茶を仕入れてきて、そして格安で売っている販売機だったようです。
のどの潤いが少し収まって、松ヶ崎駅へ。
まだ喉の渇きが収まらないので、ここのホームで缶コーヒーを購入。
すると、コーヒーが出てきたうえ、お金も全額戻ってきました。
「故障かな?」と思って販売機を見ると、抽選機能付きでした。
購入したら、運よく抽選に当たったようです。
飲み干してもう1本買おうとしたところで、轟音を響かせて電車到着。
残念ながら、もう1本は買えませんでした。





脱水に近い状態だったので、下山した後は湧泉寺前を通る近道を通りました。
「墓参者以外進入禁止」と書かれているのに、普通に人が通っており、通っても特におとがめなしの雰囲気が極めて濃厚。
ただ・・・。
近道を通るために火床から出る時、今回の火床行きで初めて閉じられている門を見つけその横を通ったのですが、そこにははっきりと「関係者以外立ち入り禁止」と書かれていました。
別ルートから火床に入ったのでわからなかったのですが、松ヶ崎西山の火床は以前と同じく立ち入り禁止のままだったようです。





ホームに戻る
















inserted by FC2 system