勤務中に足に全治1ヶ月の怪我をしてしまいました。
その怪我もほぼ癒え、来週月曜日からは勤務に復帰します。
勤務復帰に向けての体慣らしの意味も込め、次男が誘ってくれた和束町の天空カフェに行ってきました。


2016年2月13日(土)




天空カフェに到着。
高台寺の茶室をモチーフにして、府内産の木材で造られた20平方メートルの建物です。
和束茶カフェで利用申し込みをしてから、喫茶道具一式とお湯を持ってここまで来ます。
もちろん鍵ももらってからです。
建物は無人なので、利用者がカギを開けることになります。



窓からは、「日本で一番美しい町」と言われる和束町を眺めることができます。



陽が差しているのに雨が降ってきました。
合わせ茶を楽しみ、ほうじ茶ソフトやほうじ茶チョコ、それに丁稚ようかんなどをいただきます。
1時間の利用を申し込んでいたんですが、1時間はあっという間に過ぎてしまいます。



天空カフェをあとにして、和束町の茶畑風景を眺めます。



和束茶カフェで教えてもらったお酒屋さんに到着。
目的は和束茶ビールを買うこと。
お酒屋さんの前には、こんなものが。



茶色い瓶が和束茶ビールのもの。
茶ビールは冷やし過ぎると香りを楽しめないようなので、少しぬるめを飲まなくてはなりません。



訪れたお酒屋さんは、「縁側カフェ」のようです。
お茶を振舞っていただきましたので、その縁側に腰掛けていただきました。





和束町には何度も自転車などで訪れたことがありますが、天空カフェや和束茶ビールは知りませんでした。
近くでも実に様々な楽しみがある京都府南部は、実に魅力的。



ホームに戻る
















inserted by FC2 system