通勤の往路で、今年の10月10日から近鉄京都駅発で走り始めた近鉄の新鋭車両「しまかぜ」を間近で観ました。
「しまかぜ」は、ずっと気になっていた電車。

通勤帰路では、JR奈良線・新田駅前の大イチョウを再度ゆっくりと眺めました。

単なる通勤でも、小さな喜びを感じる場面があることは嬉しい限り。


2014年12月3日(水)




勤務中に時おり遠目に見えることがある近鉄の新型特急「しまかぜ」。
ずっと「近くで観たい」と思っていましたが、何と!
この日の通勤往路で降り立った新田辺駅に、「しまかぜ」の回送電車が停まっているではありませんか。
さっそくカメラを向けます。



とってもきれいな車内。



白い車体にラインが入った雰囲気が、JR特急のサンダーバードやしらさぎに似ている感じがします。



二階建て車両も連結してあります。
これは二階部分。



「しまかぜ」の回送電車が動き始めました。



去っていく「しまかぜ」。
でもいつもと違い、なぜか奈良方向へ南進していきます。
いつも見かける「しまかぜ」は、午前8時48分頃に近鉄京都線の木津川台駅付近で見かけます。
でもその時の進行方向は、京都方面に北進。
今日の「しまかぜ」は、なぜかは反対方向へ進んでいきます。
しかもこの後、勤務に入ってからの車内から近鉄宮津駅付近で停車中の「しまかぜ」を見かけました。
この日の「しまかぜ」は、どうやら普段とは全く異なるダイヤで動いているようです。



時間が経過して、勤務終了。
結構疲れた勤務になりました。
駅からの帰路で、JR奈良線の新田駅前を通ります。
駅前の大イチョウの葉はかなり散っていました。



前回写真を撮った時にはあまりゆっくりと見なかったんですが、イチョウの木の近くにはイチョウの木の説明板があるようです。



説明板。
イチョウの木って、150年でこんなに大きく育つんですね。
驚きました。



根元の落ち葉が、まるで黄色いじゅうたんを敷き詰めたようにきれいでした。
さて、頑張って自宅まで歩こうっと!




普段私は、通勤で利用する駅までの往復を歩きます。
その経路では、季節ごとに様々な自然風景を楽しむことが可能。
とっても恵まれた通勤環境なのが嬉しい限り。




ホームに戻る
















inserted by FC2 system