妻の腰の手術が無事に終わりました。.
手術を終えた妻は、1ヶ月の入院を経て自宅に帰り、更に自宅で過ごして1ヶ月が経ちました。
つまり、手術から二か月が経過したのです。
そんな一日、妻と共に信楽まで足を延ばしました。


2013年8月17日(土)




往路で観る風景。
心が洗われる気がするような風景。



ズーム。



巨大狸発見。



巨大なのに加え重量感があるので、すごい迫力。



以下、信楽焼きのタヌキなどを写真でお楽しみください。
























店内の妻が「友情出演」。
コルセットをはめているのですが、あまりそうは見えないのがうれしい限り。
コルセットは手術後半年で外すことができるので、あと4か月の我慢になります。 
この店で気に入った焼き物があったのですが、サイズが合わないので店の人に「また同じもので大きなものが焼けたら買うので連絡ください。」と言って店をあとにしました。
でもこの店の先にはまだまだ素敵な焼き物が売られている店がありました。
「しまった。さっきの店で注文せず、気に入った現物があったらその店で買った方がよかった。」と後悔しました。
でも帰宅して数日たったころに、この店から連絡があり「注文くださった物は製造予定がありません、」とのことでした。
ラッキー。
次に行った時に色々な店で十分吟味して、気に入った物を買おうと思います。



県立「陶芸の森」へ。
さて。
無理せず、そろそろ帰らなくては。





5月に家族に不幸があり、続いて6月に妻の大手術。
色々ありましたが、それでも頑張っていくしかありません。
とりあえずは、私が妻を全面的に支えていかなくては。
それにしても、今日は気分転換もできたいい時間が持てました。


ホームに戻る
















inserted by FC2 system